青備前面取水指

珍しい青備前の水指です。面を取ったデザインと青い色が良くあっています。作品に藁(わら)を巻くことによって生まれる緋色の襷(たすき)を緋襷(ひだすき)と呼びますが、青備前の緋襷は緋色でなく、青白くなったり、金色になったりします。
*作品の底に石爆(いしはぜ)があります。(画像で確認できます)石爆とは土の中に入った石の周りが割れる現象です。備前焼では石爆はキズではなく、景色の1つとします。(水漏れするようなケースは除く)

  • こちらは一点物になります。画像は実物の画像です。
寸法
幅約16cm、高さ約17cm(蓋を含まず)
作者
石田安弘
桐箱
  • 70,000円(税込75,600円)